広島聴覚障害者福祉会のめざすもの

HOME > 広島聴覚障害者福祉会のめざすもの

福祉会のめざすもの

この法人は、聴覚障害児・者を主に、障害のある人たちの地域生活支援に関する諸事業を行っています。これらの事業は、コミュニケーション環境の整備を行うことにより、ろう重複障害者等の自立と社会参加をめざし、地域で安心して生活を営むことができるように支援します。また、ろう重複障害者・ろう難聴児、ろう高齢者の福祉の増進を図り広く公益に寄与することを目的としています。

福祉会からメッセージ

アイラブ作業所は聴覚の障害に加えて、他の障害(視覚・知的など)を併せ持つろう重複障害者が、地域で安心して生活し、生き生きと働ける場として1999年、中区吉島に誕生しました。
手話や触手話などのコミュニケーション手段を通して、仲間をつくり、お互いに成長しながら、豊かな生活を築いていけるように頑張っています。地域の方々や 関係団体の皆さんに支えられ、地域に開かれた作業所をめざしています。

ヘルパーステーション・アイラブは、ろう重複障害のある仲間たちから余暇を充実したいという声に応えて、2010年に開設しました。現在は、移動支援・同行援護・居宅介護の障害福祉サービス事業と介護保険の訪問介護事業をしています。
放課後デイサービス「手と手の広場」は聴覚に障害のある子どもたちの放課後デイサービスとして、2013年に開所しました。現在は約50名の子どもが登録し、日々、言葉の学習や発音練習、年齢の違う集団での遊び等を通じて、日本語の文章力や社会性を学んでいます。
また、平成29年4月より、2か所目の手と手の広場(2)を開所し、より多くの子どもたちに必要な支援ができるように取り組んでいます。
法人全体としては、平成29年度 社会福祉法人を取得し、現在吉島西2丁目に新しい施設を建設中です。
新しい施設には、アイラブ作業所(生活介護事業20名、就労継続支援B型事業25名)と障害者相談支援事業所「あいらぶ」が入ります。

職員の声

支援員として14年勤めています。人は、いつも誰かと繋がって生きています。利用者の皆さんも、それぞれ社会と繋がって暮らしています。暮らしを支えるという仕事には、大きな責任を伴います。一人ひとりがどんな願いを持ち、どんな風に叶えていきたいか、利用者さんと一緒に考えていくことのできる力が必要だと感じます。コミュニケーションに大切なのは想像力です。利用者さんと心が繋がった瞬間が私たちの喜びです。(アイラブ作業所 職員より)

学校以外の社会では殆んど手話が使われていない中でわずかな情報しか子どもたちには届きません。「手と手の広場」ではそのようなこどもたちに少しでも伝わりあう世界を広げるよう頑張っています。(手と手の広場 職員より)

ヘルパー