アイラブ作業所

HOME > アイラブ作業所

アイラブ作業所とは

011年5月フラワーフェスティバルのよさこいに参加

聴覚障害に他の障害(視覚、知的など)のある、ろう重複障害者が、地域で安心して生活し、生き生きと働ける場として1999年、中区吉島に誕生しました。手話や、触手話などのコミュニケーション手段を通して、仲間をつくり、互いに成長しながら、豊かな生活を築いていけるよう日々取り組んでいます。
地域の方々や関係団体のみなさんに支えられ、開かれた作業所をめざしています。

作業所のこと

1日の流れ

朝9:00~
送迎通所
10:00
朝の会諸連絡
10:30
作業
12:00
昼食休憩
13:00
作業
15:00
掃除終わりの会
16:00
送迎帰宅

ご利用案内

ご利用申込み対象

アイラブ作業所の利用は居住地の「就労継続支援B型事業」あるいは「生活介護」の支給決定(受給者証)を受けた方が対象となります。

ご利用申請からご利用までの手続き

①まずは「アイラブ作業所」にお問い合わせください。

②申請
1.各居住地の障害福祉課
2.相談支援事業所
ご利用希望者の状態や生活環境の状況などを聞き取ってサービス等利用計画案を作成。

③各居住地の障害福祉課から受給者証が届きます。

④受給者証を持って「アイラブ作業所」にお越しください。

利用にかかる費用

就労継続支援B型事業・生活介護給付費によります。

サービス提供地域

広島市と周辺市町(送迎についてはご相談下さい。)

お問い合わせはこちら

障害福祉サービス事業・地域生活支援事業の指定について

当事業所は障害福祉サービス事業・地域生活支援事業の指定を受けています。

   定員(人) 指定取得日 指定番号
就労継続支援B型事業 25人 平成30年4月1日指定  3410213197 
生活介護 20人    

仲間のしごと

  • お菓子作り(せんべい・初味・クッキー・パンなど)
  • 小物作り(靴下わっか製品ーなど)
  • その他(クリアファイルなど)
  • 委託作業(箱折り・パック詰め・解体作業・新聞エコバック作りなど)

仕事の様子1

仕事の様子2

仕事の様子3

行事・文化活動

  • 花見
  • 食事会
  • クリスマス会
  • 忘年会
  • ハイキング
  • 旅行
  • アイラブ作業所まつり
  • その他、ろうあ団体、きょうされんなどの各種イベントへの参加

仕事の様子3

仕事の様子3

商品のご紹介

一覧はこちら

アイラブ作業所では

「アイラブ作業所」では、聴覚と他の障害のある仲間たちが毎日作業活動に取り組むことを通じて、働く力や生きる力を高め、社会参加を実現しています。
せんべいやクッキーなどのお菓子の他、靴下わっか製品などの自主製品を作って販売しています。販売した収益は、なかま(利用者)たちの工賃として支給されます。毎月の給料日を楽しみに、みんなで働くことに参加しています。もらった給料は「大好きなコーヒー」を買ったり、「ゲームソフト」を買ったり、「大好きな人にプレゼント」したり...といろいろです。
もっと生活を楽しみたい、希望を持ちたい・・・そんななかまたちの願いをかなえるためにどうか自主製品のご購入にご協力をお願いいたします。

画像をクリックすると商品の詳細をご確認いただけます。

交通アクセス

交通アクセス

アイラブ作業所
〒730-0823 広島市中区吉島西二丁目3-22
TEL :082-248-0336 FAX:082-236-1144